【 未来ガ驚喜研究所 】2025年新卒採用中 詳しくはこちら

【人事が回答】アパレル販売員はずっと販売?キャリアパスの実例を紹介!プランの立て方も

この記事のアドバイザー

未来ガ驚喜研究所/人事部 松田美優
青山学院大学経営学部マーケティング学科を卒業後、2022年4月に未来ガ驚喜研究所に入社。
1年目としては異例の人事部に配属され、現在は長期インターン運営の責任者も兼任。

このサイトの運営者

株式会社未来ガ驚喜研究所
「RINKAN」「Archive Store」「ASKWATCH」「SEES BY RINKAN」など、複数の事業を展開するアパレル企業。
2023年3月の売上高は75.1億円で、アパレル業界では異例の例年増益増収を繰り返している。
サイト責任者:鈴木佑理

アパレル業界の花形、アパレル販売員。しかし、

実際、販売員として働き始めた後のキャリアはどうなるのかな…?

一度販売員として働くと、ずっと販売員なのかな…?

などの疑問を抱く方も多くいらっしゃると思います。

そこで今回は、このサイトを運営するアパレル企業、未来ガ驚喜研究所の人事担当が「アパレル販売員のキャリア」について詳しく解説していきます。

アパレル人事

宜しくお願いします!

以下の記事ではアパレル販売員について詳しく解説していますので、合わせてチェックしてみて下さい。

就活個別相談(無料)

就活の悩みを、企業の人事担当に相談できる「就活個別相談会」を実施中!

「アパレルはブラックって聞くけど、実際どうなの?」「面接の時、チェックするポイントは?」「そもそも就活を何から始めれば良いんだろう…」などのお悩み・疑問に、なんでも回答します!

アパレル人事

実際の人事が回答するので、友達や先輩に聞くよりも正確なアドバイスをゲットできます!
また、「アパレルのキャリアプラン」「実際の待遇」など企業がネットに載せたがらない情報もお伝えできます!

就活に悩みを抱えている方は、ぜひ参加してみてください!

目次

アパレル業界はやっぱり販売員から?

やっぱり最初は販売員から?

と思っている方も多くいらっしゃるかと思います。

答えは半分YESで、半分NOです。

確かに、アパレル販売員としてのキャリアは基本的には店舗での販売員から始まりますが、必ずしもそうとは限りません。

アパレル人事

実際、未来ガ驚喜研究所では、バイヤーとしてキャリアをスタートする新卒社員も多くいます。

販売員としてスタートしたとしても、経験を積むことで店長エリアマネージャーバイヤー、さらにはマーケティング商品企画など、他のキャリアに進むことは実際あり得ます。

販売員として入社すると、ずっと販売員?

販売員として入社すると、ずっと販売員?

職種を途中で変えることはできないのかな。

という疑問を抱いている方は非常に多いかと思います。

希望すれば職種変更できることも

アパレル企業にもよりますが、基本的には「ずっと販売員で、希望しても職種変更はできない」といったことはありません。

実際に未来ガ驚喜研究所では販売スタッフとして入社した社員が、数年で以下の職種に異動することも多いです。

  • バイヤー
  • 販バイヤー (販売・バイヤーを兼任する、未来ガ驚喜研究所独自の職種)
  • MD(マーチャンダイザー)
  • VMD担当(ヴィジュアルマーチャンダイジング)
  • プレス
アパレル人事

企業によって異なりますが、人事の柔軟性が高いところであれば希望すればきちんと適切に異動してくれるはずです。

傾向としては3~4年で店長/副店長などにキャリアアップ

業界全体の傾向としては、販売員として働き始めて着実に成果を出していけば3~4年で店長/副店長や他の職種などにキャリアアップ・キャリアチェンジできると言われています。

店長にキャリアアップした後は「エリアマネージャー」や「MD(マーチャンダイザー)」などさらに上流の、事業の全体に影響を及ぼす職種にキャリアアップしていくと考えてよいでしょう。

アパレル人事

ただ、キャリアアップの速度については企業によってかなり差があります。
可能であればその企業の人事異動の実績を探してみるか、説明会などのタイミングで実際に質問してみることをオススメします!

就活個別相談(無料)

就活の悩みを、企業の人事担当に相談できる「就活個別相談会」を実施中!

「アパレルはブラックって聞くけど、実際どうなの?」「面接の時、チェックするポイントは?」「そもそも就活を何から始めれば良いんだろう…」などのお悩み・疑問に、なんでも回答します!

アパレル人事

実際の人事が回答するので、友達や先輩に聞くよりも正確なアドバイスをゲットできます!
また、「アパレルのキャリアプラン」「実際の待遇」など企業がネットに載せたがらない情報もお伝えできます!

就活に悩みを抱えている方は、ぜひ参加してみてください!

アパレル販売員のキャリアの具体例

アパレル販売員は、実際どういうキャリアになるんだろう?

という方のために、一般的なキャリアパスをいくつかお見せいたします。

一般的なキャリアパス1
  • 1~3年目:販売スタッフとして成果を残す
  • 4~6年目:店長として活躍。マネジメントを経験する。
  • 7年目~:本社のエリアマネージャーに昇進し、さらに大きな組織のマネジメントに携わっていく
一般的なキャリアパス2
  • 1~3年目:販売スタッフとして成果を残す。
  • 4~6年目:人事に「VMDがやりたい」と掛け合い、本社のVMD担当にキャリアチェンジ。
  • 7年目~:全店のVMDに広く携わるマネージャーに

上記は比較的社員数の多い企業のケース。

アパレル人事

キャリアアップしていくスピードは企業によって大きく変わります!
基本的には「大企業ほど遅く、規模が小さい企業ほど速い」と考えてよいでしょう。

例えば、このサイトを運営する未来ガ驚喜研究所のような社員数200名以下のベンチャー企業では、さらにスピーディーにキャリアアップしていくと考えてよいでしょう。以下は実際にあったキャリアアップの例です。

社員数が少ない企業の例(未来ガ驚喜研究所)
  • 新卒1年目/新規事業ディレクター・バイヤー・店長
  • 新卒2年目/部長
  • 新卒3年目/事業統括部長
  • 新卒4年目/海外バイヤー

企業にもよりますが、このようにアパレル販売員として入社し経験を積んだのち、様々な職種・部署に異動することが少なくありません。

逆に、最初は他の職種志望だったものの販売スタッフとして働くうちに「楽しいし自分に向いている」と感じ、販売スタッフとして活躍し続ける社員も少なくありません。

アパレル販売員のキャリアアップに必要なスキル

アパレル販売員には、どんなスキルが必要なんだろう。

という方のために、アパレル販売員として成功するために必要な基本スキルを3つご紹介。

アパレル販売員に必要な基本スキル3つ
  1. コミュニケーション能力:顧客や同僚と効果的にコミュニケーションを取り、良好な関係を築く。
  2. 商品知識:最新のファッショントレンドや商品の特徴を理解し、顧客に適切なアドバイスを提供する。
  3. 販売技術:効果的な販売戦略を理解し、実践するスキル。

また、上記のような基本スキルを土台として、さらに以下のような発展スキルを身につけることで、キャリアアップの道が広がります。

アパレル販売員に必要な発展スキル4つ
  • パーソナライズスキル
  • 問題解決能力
  • マネジメント能力
  • クリエイティビティ

このような発展スキルを身につけることで、販売員から店長エリアマネージャーマーケティング商品企画など、別のポジションへの昇進の可能性もアップするでしょう。

加えて、これらのような発展スキルは、他の小売業界や異業種への転職においても高く評価されるため、キャリアの選択肢も広がるはずです。

アパレル販売員として必要になるスキルについては、詳しくは以下の記事も参照してみて下さい。

アパレル販売員がキャリアに不安を感じる瞬間

アパレル販売員として働いていて、「このままで良いのかな…」と不安を感じる習慣は主に3つ挙げられます。

キャリアに不安を感じる瞬間
  • 自分の年齢がブランドとマッチしなくなってきた
  • キャリアアップに限界を感じた

そうならないための予防策も合わせて紹介していきます。

自分の年齢がブランドとマッチしなくなってきた

まず1つ目が、「自分の年齢が働いているブランド・ショップとマッチしなくなってきた時」が挙げられます。

ブランド・ショップごとにターゲット層は異なり、展開しているアイテムの系統はさまざま。

例えば、20代向けのブランドに働いていて、自身が30代半ばに入ってきたときは「このままで良いのかな…」と感じてしまうかもしれません。

アパレル人事

この問題の解決策は「気後れせず転職すること」です。

自分のファッションの好みや年齢に変わって、適したブランド・ショップが変化するのは当然のことだと考えて、臆せず活躍場所を変えていきましょう!

キャリアアップに限界を感じた

2つ目は「キャリアアップに限界を感じた時」。

アパレル販売員に限った話ではありませんが…成果を出しているのに昇進しない、と感じた時はキャリアに不満を感じることでしょう。

特に年功序列制の企業だと「成果と昇進のギャップ」を強く感じるかと思います。

アパレル人事

ここに関しては、「自分のキャリア観」と「企業の評価制度」とのミスマッチが大きな原因です。入社する前に、価値観と制度がマッチしているかきちんとチェックしましょう。

例えば「ガツガツ成果を出して短期間で昇進していきたい」という方は、そういった制度のある比較的規模の小さい会社を探しましょう!

給与へ不満を感じた

3つ目は「成果を出しているのに昇給しない…」と、給与に不満を感じたとき

。やはり、給与はモチベーションの低下に大きくかかわります。

アパレル人事

企業によって給与体制はさまざま。

給与を求める場合は、評価制度がしっかりした企業や、売り上げに応じたインセンティブ制度が整っている企業などが良いでしょう。

キャリアプランの立て方

アパレル販売員としてのキャリアをさらに発展させるためには、具体的なキャリアプランの策定が不可欠。

ここからは、キャリアプランの立て方に焦点を当てて解説します。

キャリアプランを立てる
  • 将来の理想像を期限を決める。
  • 理想像の実現に必要な条件を整理する。
  • 長期・中期・短期の順で目標を決める。
  • 目標から細かい行動計画を立てる

1. 将来の理想像と期限を決める

まず、「将来はどんなふうに過ごしていたいか」の理想像を立ててみましょう。

「でもそれって難しいよな…」などは一切考えずに、あなたが純粋に「どんな風でありたいか」を考えてみて下さい。

例えば、こんな理想像がありえます。

ポジティブに向き合える仕事をして、自分の趣味であるファッションを追求していたい。

そして、期限を決めてみましょう。仮に「5年後」だとします。

理想像

5年後には、ポジティブに向き合える仕事をして、自分の趣味であるファッションを追求していたい。

「数年後のことなんて考えられない」という方へ

「そんな先のこと考えられない」という方。そんな方は100%の想像で構わないので目標を設定してみて下さい。

「正確に進む方角を決める」というよりも「東に進むか西に進むか」というざっくりした方向性でも良いので決めるというイメージで目標を立ててみて下さいね。

アパレル人事

理想像は後で変わっても問題ありません!
「とりあえずこんなところかな」と考えることに意味があります。

2. 理想像の実現に必要な条件を考える

次に、その理想像を実現するには、キャリアではどんな条件を達成しなければいけないのかを考えてみましょう。

例えば、先ほどの理想像の例の場合を考えてみます。

理想像

5年後には、ポジティブに向き合える仕事をして、自分の趣味であるファッションを追求していたい。

まず「ポジティブに向き合える仕事」が何かですが、ここではひとまず「バイヤー」だとしましょう。ただ、ここはいったん就職してから徐々に軌道修正するべき、と考えるのが妥当です。

次に「趣味であるファッションを追求する」ということからは、それなりの収入が必要だと考えられます。仮に、年収600万円だとしましょう。

年収600万円に到達するということは、「マネージャー」のようなポジションにまで昇進する必要がある、ということがおおよそ推測できます。

また、期限は5年後でした。入社から5年(大卒だとすると27歳)でマネージャーレベルまで昇進するということは、それなりに「昇進スピードが速い企業」に入る必要があると考えられます。

理想像を実現するために必要な条件
  • 昇進スピードが速い企業
  • ひとまず職種は「バイヤー」で、必要に応じで軌道修正する
  • 5年間で「マネージャー」かそれに準ずるポジションまで昇進する
アパレル人事

かなり具体的になってきました!

3. 長期・中期・短期の順に目標を決める

次は、理想像を実現するために必要な条件を満たすには、具体的にはいつどんな目標を達成すれば良いのかを考えます。

目標は、長期・中期・短期の3つに細分化して立てるのが王道です。ここでは長期は「5年」、中期は「3年」、短期は「1年」だとします。

目標を立てる順番

長期 → 中期 → 短期

まずは「5年後の長期目標」から決めましょう。

次に、その長期目標を達成するためには中期、そして短期でどのようなステップを経れば良いのか想像してみましょう。

例えば先ほどの例では、5年後の理想像を実現するためには以下の条件を満たす必要がありました。

理想像を実現するために必要な条件
  • 昇進スピードが速い企業に入社する
  • ひとまず職種は「バイヤー」で、必要に応じで軌道修正する
  • 5年間で「マネージャー」かそれに準ずるポジションまで昇進する

ここから、仮に5年後の長期目標を「バイヤーマネージャーになる」だとします。

その長期目標を達成するためには、中期・短期でそれぞれ以下のような目標を達成する必要があると推測できます。

  • 長期目標(5年):バイヤーマネージャーになる。
  • 中期目標(3年):バイヤーへジョブチェンジし、成果を上げ続ける。
  • 短期目標(1年):配属された店舗のスタッフの中で、一位の売上を達成する。

(番号は立てる順番)

そして、そもそも前提条件として「昇進スピードが速い企業に入社する」がありましたね。その点も合わせて、以下のようにまとめてみましょう。

理想像と目標

まずは…

  • 直近の目標:昇進スピードが速い企業に入社する

入社してから…

  • 短期目標(入社後1年):配属された店舗のスタッフの中で、一位の売上を達成する。
  • 中期目標(入社後3年):バイヤーへジョブチェンジし、成果を上げ続ける。
  • 長期目標(入社後5年):バイヤーマネージャーになる。

そうすることで…

  • 5年後には、ポジティブに向き合える仕事をして、自分の趣味であるファッションを追求していたい。

という理想像を達成する。

ようやく未来の理想像から5年後までのキャリアプランを逆算できましたね。

ここからは、さらに直近の目標を達成するために「すぐ何をやるべきか」を考えてみます。

アパレル人事

ここまで細かく決められれば、かなり凄いです。

4. 目標から細かい行動計画を立てる

大きな目標を達成するためには、そこに至るまでの小さな目標を1つ1つ達成していく必要があります。

今までの例では、ひとまず直近で達成するべき目標は「昇進スピードが速い企業に入る」でした。

理想像を実現するための直近の目標
  • 昇進スピードが速い企業に入社する。

さて、「昇進スピードが速い企業」とはつまりどんな企業でしょうか?ここでは、仮に以下のような企業だとします。

ー昇進スピードが速い企業ー

  • 組織構造:急速に拡大をしておりチャンスが多いが、まだ大規模ではないため一人ひとりの社員が埋もれない。
  • 評価制度:成果に基づく成果主義で、評価の頻度も多い。(年2回以上)
  • 企業文化:新しいアイデアが評価され、リスクを積極的に取る。
  • 業界:市場が拡大している業界に属しているが、独自の地位を確立しており、新しい事業に投資する余裕がある。

もしあなたが就活生で、「5年後には、ポジティブに向き合える仕事をして、自分の趣味であるファッションを追求していたい。」という理想像を持っているのだとすれば…

『上記のような昇進スピードが速い企業を探して応募する』が「直近のアクション」になります。

ようやく「将来の理想像」から「5年後までのキャリアプラン」を逆算し、そこから「就活生が取るべき直近のアクション」まで辿り着けました。

就活個別相談(無料)

就活の悩みを、企業の人事担当に相談できる「就活個別相談会」を実施中!

「アパレルはブラックって聞くけど、実際どうなの?」「面接の時、チェックするポイントは?」「そもそも就活を何から始めれば良いんだろう…」などのお悩み・疑問に、なんでも回答します!

アパレル人事

実際の人事が回答するので、友達や先輩に聞くよりも正確なアドバイスをゲットできます!
また、「アパレルのキャリアプラン」「実際の待遇」など企業がネットに載せたがらない情報もお伝えできます!

就活に悩みを抱えている方は、ぜひ参加してみてください!

まとめ

アパレル販売スタッフは、ファッションと人々の生活を直接つなぐ魅力的な職種。

しかし、その魅力だけでなく、日常の業務やキャリアパス、業界の特性などをしっかりと理解することで、より充実したキャリアを築くことができるでしょう。

この記事が、あなたのアパレル業界でのキャリア選択の一助となれば幸いです。

総合職採用実施中!

デザイナーズ・ラグジュアリーブランドの中古と新品をミックスして提案するセレクトショップ「RINKAN」

アパレル業界と言えばとにかく付きまとうのが「給与が低い」イメージ。

しかしどんな業界であろうが、結果を残した人には最大限の給与が支払われるべきです。

未来ガ驚喜研究所では結果を出した社員をしっかりと評価するために、評価時期を年に2回設けております。

また、アパレル業界では異例の賞与も年2回支給。年齢でもなく職種でもない、とにかく結果を出した社員を徹底的に評価し、販売員の給与水準をアップデートさせます。

【 未来ガ驚喜研究所 】新卒採用にエントリーする
そもそも、未来ガ驚喜研究所とは?
中途・アルバイトにエントリーする

  • URLをコピーしました!
目次