「アパレルに就職したい」と思ったら。現役アパレル人事に無料相談

アパレルのMD(マーチャンダイザー)とは?仕事内容、スキル、年収やキャリアプランを紹介。

この記事のアドバイザー

未来ガ驚喜研究所/人事部 味村海渡
慶應義塾高等学校、米国セントラルアーカンソー大学を卒業後、外資系医療機器メーカーに入社。その後Webマーケティングを行う会社を経て、未来ガ驚喜研究所に入社。販売員、社長室を経て、現在は人事部で活躍。

この記事のアドバイザー

未来ガ驚喜研究所/人事部 松田美優
青山学院大学経営学部マーケティング学科を卒業後、2022年4月に未来ガ驚喜研究所に入社。
1年目としては異例の人事部に配属され、現在は長期インターン運営の責任者も兼任。

このサイトの運営者

株式会社未来ガ驚喜研究所
「RINKAN」「Archive Store」「ASKWATCH」「SEES BY RINKAN」など、複数の事業を展開するアパレル企業。
2023年3月の売上高は75.1億円で、アパレル業界では異例の例年増益増収を繰り返している。

アパレル業界におけるMDは、商品の選定価格設定在庫管理販売戦略の計画など事業全体の計画を行う「総合プロデューサー」であり、業界内でも特に人気の高い職種。

具体的にはどんな仕事をするのだろう。

必要なスキル、年収は?

という方のために、今回は「そもそもMDとは何か」から「仕事内容」「必要なスキル」「平均年収」まで幅広く紹介していきます。

アパレル人事

この記事が、アパレル業界を目指す方の一助になれば幸いです!

アパレル人事に就活相談する(無料)

就活の悩みを、企業の人事担当に相談できる「カジュアル相談会」を実施中!

「アパレルはブラックって聞くけど、実際どうなの?」「面接の時、チェックするポイントは?」「そもそも就活を何から始めれば良いんだろう…」などのお悩み・疑問に、なんでも回答します!

アパレル人事

実際の人事が回答するので、友達や先輩に聞くよりも正確なアドバイスをゲットできます!
また、「アパレルのキャリアプラン」「実際の待遇」など企業がネットに載せたがらない情報もお伝えできます!

就活に悩みを抱えている方は、ぜひ参加してみてください!

目次

MD(マーチャンダイザー)とは?

アパレル業界においてマーチャンダイザー(MD)は、ブランドやショップの成功に必要不可欠な役割を果たす職種

簡単に言えば、MDは商品の選定価格設定在庫管理販売戦略の計画など事業全体の計画を行う「総合プロデューサー」です。主な任務は、市場の需要と供給のバランスを取りながら、最適な商品構成を作り出すことにあります。

MDは以下の「5つの適正」と呼ばれる観点を押さえることで、売り上げ向上を目指します。

  • 適正な商品:ニーズに合うものを品揃えにする。
  • 適正な時期:その時期に合ったものを仕入れる。
  • 適正な場所:消費者の導線に適した陳列にする。
  • 適正な数量:ニーズ・時期に適した数量を仕入れる。
  • 適正な価格:ニーズや商品価値に適した価格にする。

ちなみに、マーケティング界の権威であるアメリカ・マーケティング協会(American Marketing Association)も上記5つと同様の定義を行っています。

アパレル業界でのMDの重要性は、彼らの決定が直接的に売上げや顧客満足度に影響を及ぼすことにあります。

市場のトレンドを正確に読み取り、ターゲット顧客の好みに合わせた商品を選び出すことで、ブランドのイメージを強化し、競争優位を築くことができます。また、効果的な在庫管理によって、過剰在庫や売り逃しを防ぎ、利益最大化に寄与します。

このように、事業において非常に重大な責任を負う職種がMDなのです。

マーチャンダイジング(Merchandising)は「売買すること」「宣伝すること」「商業化すること」を意味します。
ちなみに、頭についている’merc'(‘mark’とも)には「商う」という意味があり、market(市場)やcommerce(商業)と共通の由来を持ちます。なんとなく、イメージが湧きましたか?

MDの主要な仕事4つ

セレクトショップ「RINKAN SHIBUYA」の店内。商品構成を決めるのはMDの重要な職務です。

では、MDの仕事内容についてもう少し見ていきましょう。

ここでは主要な仕事として、以下の4つを紹介していきます。

MDの主要な仕事4つ
  • 商品を計画する
  • 市場を分析しトレンドを掴む
  • サプライチェーンと在庫を管理する
  • プロモーション戦略を策定する

1. 事業全体を計画する

まずブランドの事業計画を策定し、それに基づいて予算を管理するなど、事業に関わる全般的な決定に関与するのがMDです。

例えば…
  • 季節ごとの商品ラインナップを決める
  • 価格を設定する
  • 売り上げ目標を設定する

そのため、市場の需要を正確に予測し、コスト効率の良い方法で商品を生産・調達する責任を持ちます。

2. 市場を分析しトレンドを掴む

トレンドを敏感に捉え、市場の変化に対応する能力もMDにとって不可欠。変化に適応できなければ、適切な事業計画は立てられません。

ファッショントレンド、競合他社の動向、ターゲット顧客の好みなどに関する市場調査を行うことも。

企業によって様々ですが、MDとマーケターは非常に密接な関りを持ちます。

専用のソフトを使い、分析をすることも。

3. サプライチェーンと在庫を管理する

また、サプライチェーンを管理し、効率的な在庫管理を行うことも大切な役目。

サプライチェーン:原材料の調達から販売までの一連の流れ。

例えば、供給者との調整、リードタイムの管理、在庫レベルの最適化など。

適切に在庫を管理することで、過剰在庫のリスクを減らし、売り逃しを防ぎます。

4. プロモーション戦略を策定する

販売促進活動やマーケティング戦略の策定にも関与します。

例えば…
  • プロモーションを計画する
  • セールスイベントを実施する
  • オンラインとオフラインのマーケティングの統合(オムニチャネルマーケティング)

効果的なセールス戦略を立てることで、商品の売上を最大化し、ブランドの認知度を高めるように努めます。

MDに必要なスキルは?

MDにはどんなスキルが必要なのだろう。

という方のために、MDに必要な資質・スキルを紹介。ここでは主要なものに絞って4つ取り上げます。

  • 分析的思考・データ分析スキル
  • ビジネスコミュニケーションスキル
  • ファッション業界への深い理解

1. 分析的思考・データ分析スキル

アパレルMDには、高度な分析的思考能力が求められます。

なぜなら事業計画を作成するには、市場データ、販売統計、顧客動向などを分析する必要があるためです。

データを正確に読み解き、戦略的な意思決定を行う能力は、MDの成功に不可欠です。

2. ビジネスコミュニケーションスキル

マーチャンダイザーは、サプライヤー、バイヤー、デザイナー、マーケティングチームなど、多様なステークホルダーと効果的にコミュニケーションを取る必要があります。

ステークホルダー:株主、経営者、従業員、顧客、取引先などの利害関係者。

これには、明確で説得力のあるコミュニケーション能力と、時には優れた交渉スキルも必要です。これらのスキルは、関係構築や協力体制の確立に役立ちます。

各者とコミュニケーションを取ることも重要な仕事です。

3. ファッション業界への深い理解

ファッション業界の動向、顧客の好み、ブランドアイデンティティに深い理解を持つことは、MDにとって重要です。

業界の変化に迅速に対応し、ブランドのポジショニングを強化するためには、ファッションに対する情熱と知識が求められます。

4. 問題解決能力

市場の変化に柔軟に対応し、予期せぬ課題に対して効果的な解決策を見出す能力も、MDには必要。

計画通りに進まない場合でも、創造的なアプローチで問題を解決し、状況を改善する柔軟性が求められます。

アパレル人事に就活相談する(無料)

就活の悩みを、企業の人事担当に相談できる「カジュアル相談会」を実施中!

「アパレルはブラックって聞くけど、実際どうなの?」「面接の時、チェックするポイントは?」「そもそも就活を何から始めれば良いんだろう…」などのお悩み・疑問に、なんでも回答します!

アパレル人事

実際の人事が回答するので、友達や先輩に聞くよりも正確なアドバイスをゲットできます!
また、「アパレルのキャリアプラン」「実際の待遇」など企業がネットに載せたがらない情報もお伝えできます!

就活に悩みを抱えている方は、ぜひ参加してみてください!

MDの平均年収は?

全体販売員MD
2021年343万円316万円430万円
2022年346万円321万円436万円
引用:パーソルキャリア株式会社

パーソルキャリア株式会社が発表した調査iによると、アパレル・ファッション業界全体の平均年収は346万円。そして、MDの平均年収は436万円です。

国税庁発表ii日本の平均年収443万円と比較しても、MDの年収は高いと言えるでしょう。

また、近年はアパレル業界全体の給与が上昇しつつあることが分かっていますi

企業によって年収は大きく異なります。

アパレル人事

手前味噌ですが…
このサイトを運営する未来ガ驚喜研究所では「成果を出した人には最大限の給与が支払われるべき」との考えから、アパレル業界では異例の年2回評価を設け、販売員を含めたスタッフ全員の給与水準を徹底的に高めています!

MDのキャリアプランは?

始めは販売スタッフでも、MDになれる?

MDになったら、将来的にはどんなポジションに?

など、MDのキャリアに関する疑問を抱えている方のために、MDのキャリアプランについて紹介。

販売スタッフとしてキャリアスタート

企業にもよりますが、MDの多くは販売員としてキャリアをスタートします。販売スタッフとしてキャリアを開始し、堅実に成果を積むことで実績が認められ、MDやマーケター、バイヤーなどへ職種を変更するパターンが一般的です。

通常は10年以上という長いキャリアが必要になるMDへの道ですが、企業によってスピードは変わります。
RINKANArchive Storeなどを運営する未来ガ驚喜研究所では新卒1年目のバイヤーがMD業務に携わります。また、そもそもが総合職採用であるため、販売スタッフとして入社しても「バイヤーをやりたい」と手を挙げれば入社一カ月目でもバイヤーになることが可能です。

キャリア成長の道筋とポジション

MDとして経験と実績を積むことで、シニアマーチャンダイザーMDマネージャー、さらには商品企画部門のリーダーなど、より高い責任と影響力のあるポジションへの昇進が可能になります。

これらの上級職では、商品戦略の策定、チームの管理、予算決定など、より広範囲で責任のある業務を担当することになります。

未来ガ驚喜研究所ではMD候補を募集中

アパレルのマーチャンダイザー(MD)の役割は、ブランドやショップにとって非常に重要な職業。

RINKANでは、入社一年目からバイヤーとしてMD業務に携わることも。

総合職採用のため、始めは販売スタッフとしてキャリアをスタートしても、行動次第では数年でMDにキャリアチェンジすることも可能です。

アパレル人事

もし「MDになりたい!」という強い気持ちを抱えているのであれば、ぜひ採用にトライしてみて下さい!

アパレル人事に就活相談する(無料)

未来ガ驚喜研究所では、就活の悩みを現役アパレル人事に相談できる「カジュアル面談」を実施中。


①就職後のギャップをあらかじめ解消できる。
アパレル業界全体に関すること、弊社に関すること。
さまざまなご質問に、アパレル企業の現役人事がお答えします。

②NG質問無し。気になるポイントを全て解決。
職種や業務内容、給与・昇給のような待遇、労働環境や人間関係など。
アパレル業界について、どんな踏み込んだ質問にもお答えします。

③履歴書・職務経歴書の添削も。
年間一千枚以上の履歴書・職務経歴書を見るアパレル人事が、添削をお手伝いします。

④対面/オンラインを選んで、30分で気軽に相談できる。

⑤NG質問が無いから、あらゆる疑問をすべて解決できる。
「アパレルはブラックだと聞くのですが、本当ですか?」などの企業が答えたがらないデリケートな質問や、
「○○に応募するのですが、面接ではどんなことが聞かれると思いますか?」など他社の選考情報についてもNG無くお答えいたします。

– アドバイザー –

– このサイトを運営する未来ガ驚喜研究所について –

未来ガ驚喜研究所は2006年に設立されたアパレル企業。
「RINKAN」「Archive Store」「ASKWATCH」「SEES BY RINKAN」の4つの事業を展開しています。

  • URLをコピーしました!
目次