「アパレルに就職したい」と思ったら。現役アパレル人事に無料相談

【人事が伝授】アパレルの面接で人事が見ているポイントは?印象の良い質問の答え方からNGな行動まで!

この記事のアドバイザー

未来ガ驚喜研究所/人事部 味村海渡
慶應義塾高等学校、米国セントラルアーカンソー大学を卒業後、外資系医療機器メーカーに入社。その後Webマーケティングを行う会社を経て、未来ガ驚喜研究所に入社。販売員、社長室を経て、現在は人事部で活躍。

この記事のアドバイザー

未来ガ驚喜研究所/人事部 松田美優
青山学院大学経営学部マーケティング学科を卒業後、2022年4月に未来ガ驚喜研究所に入社。
1年目としては異例の人事部に配属され、現在は長期インターン運営の責任者も兼任。

このサイトの運営者

株式会社未来ガ驚喜研究所
「RINKAN」「Archive Store」「ASKWATCH」「SEES BY RINKAN」など、複数の事業を展開するアパレル企業。
2023年3月の売上高は75.1億円で、アパレル業界では異例の例年増益増収を繰り返している。

アパレルの面接では、面接官である人事が就活生を「見ているポイント」がいくつかあります。

そこを押さえていないと、せっかく面接対策をして臨んでも人事からは評価されず思わぬ結果になってしまうことも…

そこで今回は、「アパレル面接で人事が見ているポイント、印象の良い質問の答え方、NG行動」について、セレクトショップRINKANを運営する未来ガ驚喜研究所の人事が解説していきます。

アパレル人事

宜しくお願いします!

以下の記事では、アパレル面接でよくある質問について詳しく解説しています。ぜひ併せてチェックしてみて下さい。

また、以下の『アパレル就活マニュアル』では「アパレル業界の就活全体」について就活準備から内定までのポイントを全て解説していますので、こちらも併せてご覧ください。

アパレル人事に就活相談する(無料)

就活の悩みを、企業の人事担当に相談できる「カジュアル相談会」を実施中!

「アパレルはブラックって聞くけど、実際どうなの?」「面接の時、チェックするポイントは?」「そもそも就活を何から始めれば良いんだろう…」などのお悩み・疑問に、なんでも回答します!

アパレル人事

実際の人事が回答するので、友達や先輩に聞くよりも正確なアドバイスをゲットできます!
また、「アパレルのキャリアプラン」「実際の待遇」など企業がネットに載せたがらない情報もお伝えできます!

就活に悩みを抱えている方は、ぜひ参加してみてください!

目次

アパレル面接で人事が見ているポイント

人事が見ているポイント
  • 表情や話し方
  • 清潔感のある服装、髪型か
  • オンラインの場合、適した場所を選んでいるか
  • 逆質問をしっかり考えているか
  • 商材やお店に関する知識があるか

表情や話し方

まず大切なのが表情や話し方。やはり笑顔が多いと印象も良いようです。

アパレル人事の目線としては、入社後はまずショップスタッフで働いてもらう、という前提で面接を行います。そのため「会社の顔としてお客様を接客してもらえる人か?」という目で就活生を見ます。

また、そのアパレルの雰囲気にもよるのですが、「かしこまりすぎている人よりはフランクな人の方が好印象」な場合もあるそうです。

清潔感のある服装、髪型か

服装や髪型は第一印象を大きく左右するため、しっかり気を配りたいところ。

面接の服装が自由の場合は、受ける会社のブランドや取り扱っているものを着用するのがベストです。先ほども述べたように店頭に立って接客することを前提にコーディネートを意識する必要があります。

服装は入社してからでも変えられますが清潔感は意識や感覚の問題であるため、着ている服がトレンドに合っているかどうかも大事ですが、それ以上に清潔感が大切です。

また、暑い時期であってもTシャツ1枚のような服装はラフすぎる印象を与えてしまうため、シャツなど襟付きの服装が無難です。さらに、手ぶらで面接に来るのも良くない印象を与えてしまうため、どんなに荷物が少なくてもバッグを持つようにしましょう。

アパレル面接の服装・髪型・メイクについてより詳しく知りたい方は、以下の記事で解説しています。合わせてチェックしてみてください。

オンラインの場合、適した場所を選んでいるか

意外と見られているのがオンライン面接をどこで受けているか、ということ。

周囲に人がいる、騒音が入る、背景にいろんな物が映り込むのは基本的にNG。自宅の静かな部屋、背景に何も映らない場所で受けるのが望ましいとされています。

面接対策に追われてつい後回しにしがちですが、こういったポイントから事前準備ができる人かどうかを見ている人事もいます。

逆質問をしっかり考えているか

アパレルに限らず、面接の最後に「何か質問はありますか?」と逆質問をされるケースが多くあります。そこで「特にありません」と答えてしまうと、志望度が低い、ちゃんと企業研究をしていないと思われる可能性があります。

しっかりと企業研究をしていれば気になる点は見つかるはず。ほとんどの確率で逆質問は聞かれるため、自分なりの質問を2~3個用意してから面接に臨みましょう。

また、調べればわかることではなく、会社の内部のことや働いている人に関する質問だとより好印象になります。

商材やお店に関する知識があるか

受ける会社の商材やお店に関する知識はもちろんあった方が好印象です。

中には運営しているお店や取り扱っているものが好きという前提で話をする人事もいるので、答えられないとそれだけで不採用という場合も…

そうならないためにも、受ける会社の運営する店舗は選考前に一度行っておくことをオススメします。お店の雰囲気、スタッフの人柄などをチェックして、その会社がどんな人材を求めているのかをリサーチすることができます。

印象の良い質問の答え方

アパレル面接において、面接官は就活生に対して「しっかり質問の意図を理解しているか」「用意してきた回答を暗記して喋っているだけではないか」「自分の考えを持っているか」などを注意深く見ています。

そのため、面接で質問に答える際には、押さえるべきポイントがいくつかあります。

そのポイントをしっかり押さえておけば印象が良くなり、面接を通過することができます。

アパレル人事

人事が何を聞きたいかを把握すれば、どんな考えをまとめておけば良いかが明確になります!

人事が見ているポイント
  • 志望動機に矛盾がないか
  • 会社に入ってやりたいことは「内容」よりも「理由」
  • ガクチカが今の自分にどう影響しているか
  • 苦労や困難、挫折をどう乗り越えたか
  • 長所よりも短所が気になる

志望動機に矛盾がないか

志望動機を聞く際には、まず会社についてちゃんと調べて理解しているか、企業・業界研究や自己分析がしっかりできているかを見ています。

また、自身の経験ややりたいこと・就活軸と志望動機に矛盾がないか、という点も重要です。陥りがちなのが色んな就活サイトを見て志望動機を作った結果、自分の本意とはズレた回答を用意してしまうこと。きちんと自己分析を行い、自分の本当にやりたいことに沿った志望動機を固め、用意した文章ではなく柔軟に応えられるように考えをまとめておくと、安心して面接に臨めます。

会社に入ってやりたいことは「内容」よりも「理由」

「この会社に入ってやりたいことはありますか?」という質問では、やりたいことの内容よりもなぜそう思ったのかという理由を重要視しています

もちろん会社がどんなことをしていて、それを理解した上で何に携わりたいのか、を明確にすることは大切ですが、その回答が自分の経験や特性に紐づいているのかという点を押さえることで、論理的な思考や会社との適性をアピールすることができます。

ガクチカが今の自分にどう影響しているか

学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)では、直面した課題や困難に対して自分で考え行動に移したか、成功・失敗に関わらず学びを得て次の行動に活かせたかなどを見ています。

また、そこから今の自分にどう影響しているかまで発展させて回答できるとより良い印象を与えることができます。

苦労や困難、挫折をどう乗り越えたか

「苦労や困難、挫折を乗り越えた経験はありますか?」という質問では、入社後に同じような場面に遭遇した場合挫けずに乗り越えられる人か、直面した課題や問題にどう取り組むことができる人なのか、社会人として成長できる人材かどうか、を見ています。

ただ苦労を乗り越えたエピソードを話すのではなく、どう乗り越えたかの部分で自分の発想力や行動力をアピールできるとより良い印象になります。

長所よりも短所が気になる

長所・短所はよく聞かれる質問の一つですが、実は人事は長所よりも短所の方を気にしています。

自己理解ができているか(自分を客観視できているか)という点も大事ですが、短所を克服するために何か行動しているかという点も織り交ぜて答えられると好印象です。

面接時のNGな行動

アパレル面接に限らず、企業の面接ではNGとされている行動がいくつかあります。

これを行ってしまうと例え無意識だったとしても面接を通過することは難しくなってしまいます。

NGな行動をしっかりと把握して、余計なところで減点されないように準備しましょう。

アパレル人事

特にNGな行為は「社風に合わない服装で行く」「円滑なコミュニケーションが取れない」の2つです!

社風に合わない服装で行く

面接時にその会社のアパレルの雰囲気に合わない服装で行ってしまうと、それだけで「この人はうちの社風を理解してない」という印象を人事に持たれてしまいます

例えば、ブランドリユースの会社なのに好きなブランドがファストファッションや韓国系だったりすると、人事は「うちの会社には適性がない」と判断してしまいます。

その会社のアパレルの雰囲気をしっかり掴んで、服装を選ぶことが大切です。

円滑なコミュニケーションが取れない

どんなに素晴らしい志望動機や入社後のプランを披露しても円滑なコミュニケーションが取れないと判断されると面接をパスするのは難しくなってしまいます。

というのも、アパレルの人事はやはり店頭に立った際にこの人はちゃんと接客できるだろうかという点を重視しているからです。

コミュニケーション能力は受け答えの内容、表情、話し方で判断されます(グループ面接の場合は他の学生との関わり方など)。周りの人と建設的に仕事ができる、協調性があるということをアピールすることが大切です。

アパレル人事に就活相談する(無料)

未来ガ驚喜研究所では、就活の悩みを現役アパレル人事に相談できる「カジュアル面談」を実施中。


①就職後のギャップをあらかじめ解消できる。
アパレル業界全体に関すること、弊社に関すること。
さまざまなご質問に、アパレル企業の現役人事がお答えします。

②NG質問無し。気になるポイントを全て解決。
職種や業務内容、給与・昇給のような待遇、労働環境や人間関係など。
アパレル業界について、どんな踏み込んだ質問にもお答えします。

③履歴書・職務経歴書の添削も。
年間一千枚以上の履歴書・職務経歴書を見るアパレル人事が、添削をお手伝いします。

④対面/オンラインを選んで、30分で気軽に相談できる。

⑤NG質問が無いから、あらゆる疑問をすべて解決できる。
「アパレルはブラックだと聞くのですが、本当ですか?」などの企業が答えたがらないデリケートな質問や、
「○○に応募するのですが、面接ではどんなことが聞かれると思いますか?」など他社の選考情報についてもNG無くお答えいたします。

– アドバイザー –

– このサイトを運営する未来ガ驚喜研究所について –

未来ガ驚喜研究所は2006年に設立されたアパレル企業。
「RINKAN」「Archive Store」「ASKWATCH」「SEES BY RINKAN」の4つの事業を展開しています。

  • URLをコピーしました!
目次